【事例】ベランダは雨漏りしやすいんです~FRP防水工事~

雨漏り診断士の三宅です。

今年もついに梅雨入りしましたね。

この時期は雨漏りのお問合せが多くなります。
毎日のように雨が降るため、雨で濡れた部分は乾くことなく、常にシャワーを浴びる状態になります。すると雨水が屋根裏や壁を伝い、天井のシミなどのように目に見える形で表れやすくなります。

梅雨のせいで雨漏りになるというよりは、梅雨のお陰で雨漏りに気づくといったほうが正確でしょうか。

最近は、ベランダからの雨漏りが増えています。
あなたのベランダは大丈夫ですか?

というわけで、今回はベランダ部分の雨漏りの工事をしてきましたので、ご紹介いたします。

事例紹介:ベランダからの雨漏りを修理

お客様のお悩み・ご要望

  • これから梅雨になるので、その前に雨漏りしないように対処したい

実は、今回のお客様は以前ベランダにテラスを設置したお客様です。(詳細はこちら)

テラス設置は、雨漏り対策の一環でした。テラスがあることで雨漏りを大いに防ぐことができます。

そして、今回は、雨漏りの原因部分の修復です。本格的な梅雨入り前に直してきました!

工事内容

概要 ベランダの防水工事
(下地も修復)
費用 15万円(税込)
日数 4日

工事の様子

今回、防水工事をするベランダです。

一見、何の変哲もありません。

でも、雨漏り調査をしたところ、確かにベランダ部分から雨漏りしていることがわかっています。そこで、少し痛んでいる部分をめくってみると、、

下地がだいぶ傷んでしまっていました。さらにめくると、、

防水シートも破れてしまっています。これでは雨漏りにもなるはずです。

というわけで、こちらすべて剥がして、再度防水工事をします。

今回は、ベランダに最も適したFRP防水という工事をしていきます。FRPとはガラス繊維強化プラスチックのことで、軽量にもかかわらず強度が高く、耐水・耐食・耐久性に優れています。

ここでFRP防水のメリット・デメリットをご紹介しておきます。

FRP防水のメリット
  • 耐久性が高い(新築のベランダのほとんどにFRPが使用されています)
  • 密着性が強い
  • 軽量(建物への負担も少ないうえに、強靭)
  • 工期が短い
  • カラーバリエーションが豊富

 

FRP防水のデメリット
  • 紫外線に弱い(定期的なトップコートの塗り替えが必要。10~15年ごと。)
  • 鉄の下地・木造のベランダには不向き
  • 臭気対策が必要(施工中は、しっかり換気する)

 

まずは、下塗りです。プライマーという塗料を塗ります。これは、次の工程である中塗り・上塗りの密着性を高めるためのもので、下塗りをしておかないと外壁の耐久性が落ちたり、ツヤが出なかったりします。

下塗りが完了したら、今度はマット(ガラス繊維)貼りをしていきます。

アップしてみると、繊維状になっているのがわかりますか?

マット貼りが終了したら、今度は中塗りです。中塗りをすることでムラができにくくなります。

中塗りが終わったら、いよいよ最後の工程です。トップコート塗布をしていきます。これにより防水層を守ってくれます。

これで完了です!

これで雨漏りを引き起こすこともありません!

担当者よりひと言

家はどうしても劣化します。特に、10年以上経った家では、屋根・壁だけでなくバルコニーも劣化し、雨漏りを引き起こしやすくなっています。

雨漏りになってから依頼するよりも、10年~15年ごとに定期的にメンテナンスをして、その都度痛んでいるところを直すことで、低コストで済みます。

「ちょっと心配」という方は、お気軽にお問合せください。

 

お問合せはこちら

電話番号(任意)

該当するものにチェックをお入れください(複数可)
簡単リフォーム無料見積り・ご相談外壁屋根水回り(トイレやお風呂など)雨漏り調査修理(ささいなことでも)

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です