【台風被害・泉佐野市】棟板金の交換

まだまだ台風による被害で、修復が済んでいないところがたくさんあります。できれば年内にはすべて修復できるようにしてはいきたいのですが…とにかくがんばります!

今回は、泉佐野市内のお客様で、棟板金の交換に行って参りました。

事例:台風で棟板金が破損

工事の内容

概要
  • 棟板金と下地の交換
  • 滑落防止の足場組み
費用 15万円(税込)
※滑落防止の足場代、材料費込み
日数 1日

工事の様子

滑落防止のために足場を設置しました。(半日)

やはり足場があると安心です。

まずは破損した棟板金を取り外していきます。

下地の板も取り外します。

これですっきりしました。

ここから新しい棟板金を取り付けていきます。まずは下地の木材のしたに防水テープを貼り、止水処理をします。

いまはルーフィングといって屋根の下地である野地板の上に厚み約1mm程度の雨水の侵入を防ぐためのシートが貼られています。なので、棟板金の下に防水テープを張る必要は必ずしもありませんが、これをしておくことでより確実に雨漏り被害を減らすことができます。

止水処理のための防水テープの上に下地の木材を取り付けます。

下地材の上に新しい棟板金を取り付けます。

このように、〈防水テープ〉⇒〈下地材〉⇒〈棟板金〉と取り付けることで、より確実に雨漏りから家を守ることができます。

新しい棟板金の取り付け完了です!

担当者より一言

南大阪リフォーム相談所・三宅
戸建て住宅の相談のなかでも特に多いのが「雨漏り」です。雨漏りを防ぐには専門的な知識と経験が必要になります。これをやっておけば絶対に大丈夫ということもありません。でも、雨漏りのリスクを確実に減らすことはできます。ただ単に直すのではなく、先のことを考えてできる範囲で予防線をはることが大切です。南大阪リフォーム相談所では、そういったご提案もしています。是非、お気軽にお問合せください。

お問合せはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です